歌舞伎町の風俗求人サイトであっても面接に関するアドバイスをスルーするのは良くない

風俗求人の情報に申し込むと、必ず面接になります。風俗店はサービス業ですから、雇う側としては働きにくる人がどれだけきちんと受け答えできるか、きちんと接客ができそうかを見極める必要があります。

それでは風俗求人の面接ではどんな事に気をつけるべきなのか、かいつまんで紹介します。まず第一に、風俗求人も普通の求人とかわりはありませんから、面接における常識が必要になってきます。

気合いの入ったバリバリの服装ではなく、リクルートスーツやそれに類する落ち着いた感じのきちんとした服装で臨みましょう。

またいろいろ忙しいと時間に追われて面接の時間にもギリギリで到着、最悪遅刻なんてことにもなりかねませんね。「仕事に対してきちんと時間が守れるか」も面接の内容になっていますから、できる限り予定時間に対してゆとりを持って会場に臨みましょう。

不測の事態で遅れてしまう、と言うような時にはその時点で電話連絡を入れる必要があります。連絡無しで遅れて来て「こういう理由が」と言っても聞いてはもらえません。

当日の持ち物は、問い合わせる時に先方から伝えられる事がほとんどです。しかし履歴書、免許証などの身分証明書、印鑑は必要ですので準備はしておきましょう。

履歴書はできるだけきちんと書きましょう。風俗求人だからといって派手な服装の写真が歓迎される訳ではありませんから、証明写真も普通に地味な物が必要です。

風俗店の場合は従業員の年齢が非常に重視されますから、18歳以上を証明する身分証明書は必須です。面接の後に研修と称して実際に現場に立って仕事を体験する、という風俗店もあります。

この時の報酬はその日のうちに受け取れるのですが、その際に書類にハンコを押す必要があります。